ボートとはどういう競技なのか??

ボートとは、2000mを船とオールを漕いでいかに早く進むのかを競う競技。

言ってしまえば、この上なくシンプルだ。しかし、これほど奥深い競技はないのである。

スピードを出すためには、船を漕ぐ漕手全員が揃った動きをする必要がある。そのためにはたくさんの距離を同じクルーで漕ぎ、信頼関係を築く必要がある。クルー間での信頼関係だけでなく、全員が息の揃った動きが求められるがゆえに、究極のチームスポーツと呼ばれている。

ボート競技は脚から腕まで全身を使って漕ぐ競技。大きく、そして水中を力強く速く漕ぐことが重要。2000mをボートは日本一レベルで6分を切る。

どのようにこのタイムを切るかを突き詰めていくことが、このボート競技の一つの魅力。研究することも多く、頭の回転の速い東大生にはうってつけのスポーツ。ちなみに速いチームほど外から見ても美しい動きをする。水の上を颯爽と駆け抜けるボートの迫力、そして美しさは一見する価値があるだろう。

6分間の全力で全身を動かすことはキツイ。しかし同じクルーも同じような苦しさを感じていると思うと、体の奥底から力が湧いてくる。

ボートには1人乗りから、最大9人乗りの種目まで多様にあり、ほぼ全員が大会に出ることができる。ボート競技の面白い特徴として、後ろ向きに進むということがある。つまり、2000mのレースにおいて前に出たチームが戦況を俯瞰できる。

全員が後ろを向いて漕いでいるわけではなく、種目によっては漕がずに前を向いている選手がいる。コックスというポジションだ。コックスは漕がず、漕手にコールをかけて鼓舞したり、レース中の航路を修正したりする。外から見るとただ乗っているだけに見えなくはないコックスだが、コックスの良しあしがレースを左右するといっても過言ではないキーパーソンである。