組織紹介

サポートチーム

アスレティックトレーナーやストレングスコーチと連携して選手の怪我の情報管理を行うのがサポートチームです。また、ストレッチに使う道具の購入や作成を行うなど、選手の怪我を未然に防止する取り組みも行っています。

トレーナー

陸上トレーニングのサポートや、トレーニング記録の整理を行うのがトレーナーです。声掛けをして練習の雰囲気を盛り上げたり、トレーニング中の姿勢を矯正するなど、選手を強くするために試行錯誤することが求められます。

また、トレーニング記録のデータ分析を行い、今後の練習方針について議論するという役割も存在します。

トレーナー

陸上トレーニングのサポートや、トレーニング記録の整理を行うのがトレーナーです。声掛けをして練習の雰囲気を盛り上げたり、トレーニング中の姿勢を矯正するなど、選手を強くするために試行錯誤することが求められます。

また、トレーニング記録のデータ分析を行い、今後の練習方針について議論するという役割も存在します。

ごはん作り

選手が強くなれるよう、栄養バランスの摂れた献立を考え、ごはんを作ります。大量調理は大変ですが、選手が強くなるためには欠かせない仕事なので、マネージャーはプライドと責任感を持って仕事をこなしています。

東大生だけでなく、他大に所属しているマネージャーが活躍できる場所の一つでもあります。

栄養面談

月に一回、選手はマネージャーと栄養面談を行います。栄養バランスが乱れていないか、睡眠はしっかりとれているか、学校との兼ね合いはできているかなど、心身のコンディションや生活について話し合うことができます。

栄養面談

月に一回、選手はマネージャーと栄養面談を行います。栄養バランスが乱れていないか、睡眠はしっかりとれているか、学校との兼ね合いはできているかなど、心身のコンディションや生活について話し合うことができます。

施設紹介

艇庫

ボート部は埼玉県の戸田漕艇場に位置する「艇庫」と呼ばれる東京大学の施設を使って練習しています。艇やオールなどの練習道具が置いてあるだけでなく、食堂やトレーニング部屋、さらには寝室もあるため、宿泊して練習することもできます。

宿泊施設を備えた練習場を有している数少ない団体で、最高の練習環境を有している部活だと言えます。

艇庫

ボート部は埼玉県の戸田漕艇場に位置する「艇庫」と呼ばれる東京大学の施設を使って練習しています。艇やオールなどの練習道具が置いてあるだけでなく、食堂やトレーニング部屋、さらには寝室もあるため、宿泊して練習することもできます。

宿泊施設を備えた練習場を有している数少ない団体で、最高の練習環境を有している部活だと言えます。

充実した艇の数

東大の艇庫はとても広く、多くの艇を保有しています。特に、最速の艇であるエイトを9杯も保有しています!新入生だけでクルーを組んで、エイト3杯レースを行うのも夢ではありません。

また、バランスが安定していて転覆の危険性がないボートも5杯保有しているので、初心者でも安心して練習することが出来ます。

食堂

艇庫の一階は食堂となっています。練習が終わった後すぐに、食堂でご飯を食べて栄養補給を行うことができます。他の部活には中々ないシステムの中で、合理的に強くなることができます。

食堂

艇庫の一階は食堂となっています。練習が終わった後すぐに、食堂でご飯を食べて栄養補給を行うことができます。他の部活には中々ないシステムの中で、合理的に強くなることができます。

トレーニングルーム

艇庫の中には、ボート部専用のトレーニングルームがあり、フリーウエイトに必要な道具はほとんどあります。また、ラックの前に鏡がおいてあり、フォームを確認しながらトレーニングができるので、ウエイトトレーニングをしたことがない人にとっても安心です。

浴室

かつて運動部に所属していた皆さん、部活動の後、汗でベトベトのまま家に帰った経験はありませんか?ボート部では、練習が終わった後、すぐにシャワーを浴びてサッパリすることが出来ます。さらに、疲労回復のため湯船に浸かることもできるので、疲労による怪我を防ぐことも出来ます。

浴室

かつて運動部に所属していた皆さん、部活動の後、汗でベトベトのまま家に帰った経験はありませんか?ボート部では、練習が終わった後、すぐにシャワーを浴びてサッパリすることが出来ます。さらに、疲労回復のため湯船に浸かることもできるので、疲労による怪我を防ぐことも出来ます。

宿泊部屋

合宿練習を行うために、艇庫には宿泊部屋が存在しています。ベッドだけでなく、ロッカーや勉強机、空調設備が備わっており、快適な生活を送ることができます。また、窓が大きく換気量が多いため、感染症の空気感染をある程度予防することができます。

浅野艇庫

漕艇部が多くのボートを保有できる理由は、艇の保管に特化したこの建物が存在するためです。
レース艇を始めとする多くの艇を保管するだけでなく、トレーニングに使用されることもあります。

浅野艇庫

漕艇部が多くのボートを保有できる理由は、艇の保管に特化したこの建物が存在するためです。
レース艇を始めとする多くの艇を保管するだけでなく、トレーニングに使用されることもあります。

浅野艇庫 ミーティングルーム

浅野艇庫の二階には、ミーティングルーム用の机や、ボート競技に関する大量の資料があります。ここではボート競技に関する勉強会など、様々なミーティングが行われています。

練習場紹介

新第二体育館

新人は平日、第二体育館などで体力トレーニングを行います。計画的なトレーニングで、無理なく基礎体力をつけることができ、練習後は生協食堂ですぐにご飯を食べることができます。
また練習後には駒場図書館に行き、勉学に励む部員の姿も見られます。

新第二体育館

新人は平日、第二体育館などで体力トレーニングを行います。計画的なトレーニングで、無理なく基礎体力をつけることができ、練習後は生協食堂ですぐにご飯を食べることができます。
また練習後には駒場図書館に行き、勉学に励む部員の姿も見られます。

ポンド

戸田公園に入ってすぐにある練習場は、1964年の東京オリンピックで使われたコースであり、日本のボート界における聖地として扱われています。

関東中の大学ボート部が艇庫を構えており、彼らと時には協力し、時にはしのぎを削って活動します。日本代表の練習も見られます。

荒川

ボート部の練習場所の一つである荒川は、素晴らしい練習環境であるだけでなく、自然豊かで素敵な景色を私たちに見せてくれます。また、荒川では、2杯以上の船で競争する「並べ」という練習を行うことができます。

 

荒川

ボート部の練習場所の一つである荒川は、素晴らしい練習環境であるだけでなく、自然豊かで素敵な景色を私たちに見せてくれます。また、荒川では、2杯以上の船で競争する「並べ」という練習を行うことができます。

 

ボートとは

ボートとは、2000mを船とオールを漕いでいかに早く進むのかを競う競技です。言ってしまえば、この上なくシンプル。しかし、これほど奥深い競技はありません。

ボート部での一年

漕艇部では、新入部員が競技に必要な体力をつけられるよう、充実したトレーニングが行われています。ここでは新入部員向けの年間スケジュールを紹介しています。

組織・施設紹介

漕艇部は、淡青会(OB・OG会)やコーチ陣、そして選手やスタッフ、COXといった様々な役職の人から構成されています。ここではそのような漕艇部の組織図を紹介しています。

部員・コーチ対談

さまざまなバックグラウンドをもつ部員の入部動機やボート競技・ボート部に対する想い、そしてコーチのお二人の語るボート競技の魅力などを聞いてみました。

OB・OGインタビュー

引退された後、社会にてご活躍されている先輩方が、大学生活における漕艇部の存在を振り返り、入部のきっかけから、漕艇部の魅力やご自身の成長について熱く語ります。

監督・コーチ紹介

漕艇部は、輝かしい実績を持つコーチや監督、部長、トレーナーなどに、活動を全面的にサポートして頂いており、強い人材を生み出すための体制が充実しています。

共有:

いいね:

いいね 読み込み中...
MENU
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。